市営住宅について

市営住宅は、住宅に困窮している方々が低廉な家賃で入居できるように、宮古市が県や国の協力を得て建設した施設で、市民の皆様の大切な財産です。

市営住宅等入居の皆さんへのお知らせ

市営住宅は、所得が少なく住宅に困っている方に低廉な家賃で住宅を供給するために税金で建設された市民共有の大切な財産です。このため、入居者にはいろいろな制限や義務が定められています。
入居者がお互いに共同生活のルールを守り、良識ある生活によって住み心地のよい快適な団地となるよう務めましょう。

市営住宅等の管理(指定管理者)について

平成27年度から3年間、市営住宅等の管理業務を指定管理者が行います。

指定管理者は、入居からの各種申請書類の受理、住宅などの修繕ほか、入居者からの要望を伺うなど、市営住宅等の全般の管理を行います。

市営住宅に関するお問い合わせについて

入居承継について

住宅の名義人の方が亡くなったり、離別した場合に、同居者が名義人となりそのまま住み続けることを入居承継といいます。

この入居承継ができるのは、配偶者及び高齢者、障がい者等で一定の条件に該当する方です。

例1)夫婦と子供の三人世帯(名義人は夫)で、夫が死亡した場合は、妻は入居承継できます。
例2)親子二人世帯(名義人は親)で、親が死亡した場合、子供は、入居承継できません。

同居者に異動があった場合は

出生や死亡、転居など同居者に異動があったときには、住民票の届け出の他に宮古市営住宅管理センターへの届け出が必要ですので、必ず宮古市営住宅管理センターまでお知らせください。

連帯保証人について

次のような場合には届出が必要になります。ご自身の連帯保証人について再度ご確認ください。

家賃を3ヶ月以上滞納すると「住宅明渡請求」の対象になります

家賃を3ヶ月以上滞納すると、条例により「住宅明渡請求」の対象となります。

滞納家賃の納付、または分割納付などの協議に応じず、自主的に建物明渡しがなされないときには、市は法的措置を講じます。

ペット(犬・ネコ等)飼育は禁止です!

ペット飼育による苦情が増加しております。市ではペット飼育者に対して飼育をやめるよう厳しく対応するとともに、ペット飼育に起因する住宅の汚損、破損について飼育者に現状復帰(壁・床・柱等の修繕費用や消毒費用)を求めます。

清掃について

よりよい生活環境を保つため、団地の庭、通路、ゴミ集積所などの共同施設についても、入居者の皆さんで清掃や草刈りなどを行うようお願いします

また、町内会などで大掃除をする場合には、積極的に参加しましょう。

遊具の安全利用について

遊具による事故を未然に防ぐため、子供の服装や遊び方などにも注意していただき、安全で楽しくご利用ください。

また、日常の利用の中で遊具の不具合等にお気付きの場合には、直ちに連絡していただきますようお願いします。

住宅の修繕について

住宅の修繕は市が負担するものと入居者の負担となるものがあります。

市が負担する住宅の修繕は原則年に1回各戸を調査し、修繕の必要が認められるものの中から、予算の範囲内で順次修繕を行います。(緊急のものを除く)

また、修繕について入居者が負担するものは次のとおりです。

下水管の詰まりが多発しています

水に溶けない紙類や紙おむつ、天ぷら油などの廃油を流すと、下水管の中で固着し管をつまらせる原因になります。水に溶けないものや廃油などはゴミとして処理してください。

なお、これらが原因で配管が詰まった場合は、入居者負担となります。