入居資格と条件

町営住宅の入居に関して事前に条件に適合するかご確認ください。なお、災害公営住宅に関しましては、下記以外にも入居要件がございますので、個別にご相談ください。

入居条件について

住宅に困っている人であること
  • 住宅以外の場所や危険な住宅に住んでいる人
  • 同居者の人数が多く、住宅が狭くて困っている人
  • 住宅が老朽化して危険
  • 立ち退きを迫られている
  • 現在の家賃が収入に比較して高い
  • 結婚のため住宅が必要――など
収入基準に適合していること
  • 一般世帯→月額収入(所得)158,000円以下
  • 0歳以上・18歳未満のみ(入居者は60歳以上)の世帯、障がい者・就学前児童が含まれる世帯→月額収入(所得)214,000円以下

家賃は、「政令月収」をもとに計算されます。詳しい計算式等は災害公営住宅・町営住宅の家賃制度をご確認ください。

災害公営住宅・町営住宅の家賃制度(PDF 371KB)
原則として、同居する家族がいること
  • 婚約時点で入居申し込みをする場合は、申し込みから程なく入籍される方に限ります。
  • 単身での入居は60歳以上の方のみ
納税
  • 町税等を滞納していないこと
非暴力団員
  • 入居者及び同居予定者が暴力団員でないこと
連帯保証人がいること
  • 入居決定時県内に居住し、入居者と同程度以上の収入がある方1名
  • 公営住宅入居者以外の方

※ただし、身体上または精神上著しい障害があるために常時の介護を必要とし、かつ、居住においてこれを受けることができず、または受けることが困難であると認められる方については、町営住宅に入居できません。

退去について

退去前に退去届を提出する必要がありますので、退去が見込まれる方は指定管理者へお問い合わせください。